オーニシさんの激辛速報

   手作り商品撮影用照明ボックス。


ブログに載せる画像の撮影用にこんな物を作ってみました。



チープ感ありありですが

一般的には商品撮影用フォトスタジオとか、写真撮影ボックスなどと呼ばれている物です。
買うとけっこうな値段なんですよね。

前々からガチャなどの写真を撮る時に背景が気になっていて
何か良い方法はないもんだろうか?と悩んでおりましたところ、検索でこれを発見。
おお!これはすばらしい!値段も材料も手が出るじゃないかっ!
と言う事で早速作ってみました。

100円ショップで材料を揃えて、作業時間わずか10分。
あれ?こんなに簡単でいいの?ってくらいサクサクと出来ちゃいました。(*´σー`)
良く出来たと満足。
が!実はこれ、折り畳めないんですよね・・・。
あ、いや、サイト様での作り方ではたぶん折り畳めると思うのですが、
私は買ってきた不織布(ここでは衣装ケース)が小さくて切り取れず、そのまますっぽりと
被せてしまったからなんです。
このままでは場所取っちゃうなあ。
てなワケで後でまた作り直します。

肝心の撮影の出来はと言うと、
ここ最近のガチャ画像などを見て頂けると有りがたいのですが、
とりあえずはきれいに撮影出来ています。
カメラは携帯カメラ(1210万画素)だし、
照明も部屋の蛍光灯なのでそれなりにしか写せないけど
以前の黒い背景よりは見やすくなったかな~と。
物によって背景色を変えても面白そうですよね。

今回の作業はこちらのサイト様を参考にさせて頂きました。
作りかたなどは下記のサイト様で。

300円で作る、商品撮影用照明ボックス
http://allabout.co.jp/gm/gc/211373/1/


   手作り具材で食品サンプル「天ぷら」盛り合わせ。


4月にお台場の東京カルチャーカルチャーで開催された【 デイリーポータルZ エキスポ 】。
毎年楽しみにしているのですが、
今年はその中で「食品サンプル作り体験」というブースがありました。
なんと“ 好きな物をなんでも天ぷらに ”出来ちゃう、夢のようなコーナーだったのです。

サンプル大好きな私。
こんな機会は滅多にないゾとはりきって、一週間前から天ぷらの具を作り始めました。
(当日の体験日記はこちら→ デイリーポータルZエキスポ2011 - その1 - )



紙粘土でだいたいの形を作りまして



アクリル絵の具で色付けを行いました

具材はエビ、キス、なす、しいたけ、ししとう、かぼちゃの定番6種。
上に蝋(ロウ)がくっつくので色は濃いめにしてあります。
今改めて見ると、もうちょっと丁寧に色付けするべきだったな、と反省。ベタ塗りすぎ。
でもあの時は出来あがりに興奮してたんだよなあ。

ところで。
現在お店などで飾られている食品サンプルのほとんどは
塩化ビニールで出来ているのですが、手作り体験などで作られる天ぷらやレタスなどは
溶かした 「蝋(ロウ)」 (パラフィン)が使われているようです。

サンプル作りの流れを簡単に書きますと、
1.人肌ぐらいの温度のお湯の中に溶けた蝋(ロウ)を流し入れる。(天ぷらの衣になる)
2.その上に具材を置き、優しく、そして素早く具材を蝋(ロウ)で包む。
3.お湯から引き上げると、天ぷらの完成。

そして話は戻って私の手作り具材ですが、
当然ながら紙粘土のままでは水に溶けてしまうので、
着色後にトップコート(マニキュアを保護するために上から塗るもの)を2度塗りしています。
完全に乾いてから試しで熱湯につけてみましたが溶ける事はなかったので、
一応問題はクリア。

当日はブースのライターさん(玉置さん)や他のお客さんにご迷惑がかかるといけないので、
具を見せて確認をしてOKを頂き、6種類全てをカラっと揚げさせて貰いました。

自分で言うのもなんですが、もうね、大・大・大満足の出来なのですよ。
1種類づつ、紹介しても良いですか?良い?しちゃいますよ。
早く全部見せろいっ!という方は日記の下までスクロールしちゃって下さい。
(画像枚数多いです)


   壊れた折りたたみ傘からエコ・バッグ。


「作ってみた」のカテゴリーとしては1年ぶりくらいでしょうか。
きっかけはこれでした。
(画像数多めです)



折りたたみ傘

姉が使っていた折りたたみの傘なのですが、
ベランダのゴミ置き場に立てかけてあったので聞くと、骨が折れたからとのこと。



ここですかね?

見ると受骨(で合ってる?)の部分がぽっきりと折れてました。
直して使うことも出来るのですがもう何年も使って古くなっているし、
替わりもあるため処分するのだとか。



傘袋もちゃんとある

傘布は破れもなくしっかりとしていて袋もある。
なんとなくもったいないな~と思いまして、いつもの貧乏性がうずうず。
何か利用出来る物はないものか?と検索してみたところ、面白い物を発見。

ズバリ!
【 傘布からエコバッグを作ってみよう 】
正直に言うとですね、「エコだから」というつもりは全くありません
私的にはなんでもかんでもエコだ!エコだ!と言いたくないタイプなので。
ならばなぜ?

そう!
面白そうだからーーー!
「ダンボールコンポスト」の時もそうでしたが、つまりは興味本位だけなんですよ。
上手く出来たら使えるし、一石二鳥じゃ~ないか~♪
ということで、



傘布だけをはがす

骨に結んである糸を切るだけなので簡単ですね。

今回の作業はこちらのサイト様を参考にさせて頂きました。
作りかたなどは下記のサイト様で。

環境まちづくり市民の会 エコライフ・チャレンジコーナー
http://www.nextftp.com/yagi-sky/s-asahi/index.html

そして出来あがったのがこちら。


   ゆずジャム。


先日、親戚からたくさんの柚子を貰いました。
冬至のお風呂に入れる分はそこそこあれば良いとの事だったのであまった分を貰い、
こんなものを作ってみました。



普通の鍋と木杓子で

「ゆずジャム」です。
こういうハイカラなものは作った事がないので(お菓子作りも経験なし)、
ネットで調べたものの、なんだかめんどくさそう。
ま、なんとかなるでしょと持ち前のテキトーさでなんとかなりました。
(たぶん、なんとかなってます)



少しだけ皮も入れてます

皮は別の用途で使うためジャムには中身だけを使い、後は砂糖とハチミツをババっと。
ジャムってかなりの量の砂糖を使うんですね。

出来あがってさっそく、



白い塊はペクチンの部分、そして良く見ると種がある・・・
(通常は白いわたの部分は入れないみたいですが ^▽^; )

焼いた食パンにのっけてみました。
甘酸っぱい酸味がなんとも。
ゆずはちょっとエグミがあるような気もしますが、これはこれでクセになるお味かと。

今度‘たこ焼き器ホットケーキ’を作ったらのせてみようと思ってます。


- 09.012.28追記 -
紅茶に入れてホットゆず茶を作ってみました。



よくまぜましょう

レモンよりもすっぱいけど美味しいですよ。


   とうがらしの葉のつくだ煮。


とうがらしの葉がわんさかとあるので、こんなものを作ってみました。



とうがらしの葉のつくだ煮

葉をきれいに洗ったらさっと茹でて冷まし、その間にフライパンで鷹の爪を炒める。
冷ました葉を入れ、砂糖・しょうゆ・みりんで味つけ。
最後に白ゴマも混ぜて完成。



ビン詰め

このまま冷蔵庫へ。

鷹の爪を入れた事で辛さがすごい事になってしまいましたが、
なかなか美味しいつくだ煮になりました。


   I T戦士テングマン。


最近はすっかりごぶさたになっておりましたが、
シルバーウィーク連休中、ひっさしぶり~に~作っちゃいましたよ。
(撮影に手間取ってしまい今頃になってしまいました・・・r(^▽^;))

何を?
まずはこちらを。



シャキーンっ!

「I T戦士テングマン」の主人公、石川五郎さん。
(写真はプープーテレビショーの時です)
分からないよー、という方のために関連記事はこちらで。

I T戦士テングマン「第1話」 (テングマンは全12話あります)
http://portal.nifty.com/cs/dpztv/detail/080309059549/1.htm
「プープーテレビショー」リアルタイム更新
http://portal.nifty.com/2009/03/27/a/
「ザ・プープーテレビショー」デイリーポータルZテレビ
http://portal.nifty.com/2009/04/05/b/

どうでしょうか?
五郎さん、かっこいいですよね。

さて。
この石川五郎さんですが・・・
作っちゃいましたよーーー!




メガネバージョンも一緒に
(画像クリックでそこそこ大きくなります)

キューピーちゃんで。
一部巷では今‘コスチュームキューピー’なるものが流行っているそうで、
そういえば家にもあったなーと探してみたところ、
去年フェルト・ハロウィンで使ったキューピーが。
(フェルト・ハロウィンはこちら→ キューピーちゃん )

コスプレキューピーにしてはちょっと大きすぎ
石川さん=キューピー?という疑問はとりあえず置いておきましょう。
では他バージョンも。


   シソの実の醤油漬け。


ベランダの穂シソをありがた~く収穫。
(青シソ日記はこちらで→ 穂シソ )



意外と少なかった穂シソ

もっとあると思ったのですが、こんなもんでした。
これをあーしてこーして出来上がったのが、



じゃじゃんっ!

「シソの実の醤油漬け」です。
これ、ご飯にのせて食べたら最高ー!ですよ。
初めて作ったにしてはなかなか良いお味ではないかと。うんうん。

・・・えっと、作る過程がないのは、
パソコンでレシピを見ながらバタバタと作っていたために余裕がありませんでした。
すみません。
(印刷をしない辺りが、めんどくさがり屋な私)

詳しいレシピなどは検索をしていただければと思うのですが、
シソの実と鷹の爪、だし用コンブを混ぜてあります。
あと、ほんのちょっと味の素も入れました。
鷹の爪はもちろん自家製のとうがらしを使用しております。
(自家製とはなんぞや?→ 青とうがらし日記 )

好評であっと言う間になくなりそうです。
(姉に『ご飯がすすんじゃうじゃないか!(ひかえてるらしい)』と怒られました。ウヒヒ)


   青シソドリンク。


大量に育った青シソを使って冷たいドリンクを作ってみました。
(青シソ日記は→ こちら )



もぎって洗います



たっぷりの水(お湯)でさっと



ボールに移して冷まします



鍋に戻しハチミツを加え、少し加熱



冷ました後ペットボトルへ

氷を浮かべてゴクリ。
んんー。
シソの香りは良いのだけど、美味しくはないかなぁ。
やっぱり赤シソじゃないとダメかしら。
でもこれはこれでシソ風味と香りが楽しめるので、アリか・・・な?


   青とうがらし味噌。


以前植えたこの「青とうがらし」ですが、
(とうがらしの日記は→ こちら )



わんさかわんさか

元々食べるつもりはなかったのですが、
ここまで出てくるとちょっと窮屈でかわいそうだなぁと。
しかし捨てるにはもったいないという事で、こんなものを作ってみました。



青とうがらし味噌

ちょちょちょいっと出来て、
しかも美味しく食べられるものはないかとネットで検索。
詳しい作り方は省きますが、簡単でしたよ~。
中には刻んだ青とうがらし、シソ、白ごまが入ってます。
後は砂糖、酒、サラダ油、ゴマ油など。
(そういえばシソもかなり成長してます。日記書いてなかったですね)

で、これを、



たっぷり

焼きおにぎりに塗ってみました。
どうでしょう?美味しそうじゃないですか?

はい~。とても美味しいですよぉ。(///∇//)
自分で作っておきながらちょっと感動。

味噌は赤・白を半々で入れてみました。
レシピより砂糖を少し多めに入れたのですが、
赤味噌のしょっぱさが強かったのでちょうど良かったかな。
青とうがらしは口の中でじんわりとした辛さが残るぐらい。
辛いものが苦手な私でもこれなら大丈夫かも。

でも食べ過ぎには注意しないと。血圧上がりそうです。


   にょろっぽさんとボン太くん。


突然ですが、また作っちゃいました。
の、前にまずはこちらを。



このユニットは?

覚えてますでしょうか?
つい最近書きました、【プープーテレビショー】で登場した「ゆでるかな」のお2人です。
(この画像のある記事は こちら )

デイリーポータルZの‘ゆでるかな’の動画

見ていただけました?

実はですね、
この「ゆでるかな」がすごーっく好きなんですよ。
動画ではもちろんですが、イベントで生で観てもっと好きになっちゃいまして。
ご本人はもちろんですがキャラもいいですよね。
いいなー、好きだなー、作りたいなー・・・と、ムクムクと創作意欲が出てしまいまして、
よしっ!いっちょ作ってみるか!!となりました。
そう決めたのがGWの始め。
(ちなみにここで1度記事に上げてます)
んー。んー。と悩みに悩んで結局出来上がったのが今週の話。

さぁ前書きはここまでです。
いきますよー。一気にいっちゃいますよー。むふふ。
(すべての画像はクリックでそこそこ大きくなります)



こんにちはー
左:ボン太くん 右:にょろっぽさん

どうでしょうか?雰囲気は出ているでしょうか?
背景は動画が撮影された場所をイメージしてみました。(新緑?)

もっとイメージしてみたのが、



今日は何をゆでるのかな?

手前にそれらしき道具を置いてみました。
ガスはキャンプ用の物を使っているみたいなので、カセットではないですけども。
(使用した小物は全部リーメントです)

ではそれぞれの細かい部分を。


 | 最初にもどる |  過去 »»

カレンダー

08月 | 2017/09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こまごま内検索

最近のこまごま

こまごまのふりわけ 

月ごとのこまごま 

お気に入り 

書いてる人

→きゃあ


名前:→きゃあ
生息地:関東のどこか

とにかく細かいモノが大好き。
整理するために(忘れないように)
ブログで残しています。
たまーに何か作ったりもしますよ。
気まぐれに。

お世話になってます

お気軽にどうぞ

* 別窓が表示・動作しない場合はここの文字をクリックして下さい。



このブログをリンクに追加する