オーニシさんの激辛速報

   グリーンアーミージャパン第一弾 鳥獣人物戯画。


先日買ったこまごま
--------------
(画像枚数とんでもなく多いです <(_ _)> )



グリーンアーミージャパン第一弾 鳥獣人物戯画
by エンブレイスジャパン株式会社
上左:逃走する猿の犯人   上右:烏帽子姿の猫
下左:追跡する兎   下右:酒壷を担ぐ蛙と兎



逃げるサル



後ろはこんな感じ




[ 続き・・・ ]



犯人なのに笑ってる?



帽子だよね?



足のシワ (毛並?) がすごい



こちらを振り向くネコ



後ろはこんな感じ



ちょっとだけ微笑んでる



手には扇子



しっぽがくるんっと



上2つの大きさは単3電池と比べるとこのくらい



追いかけるウサギ



正面はこんな感じ



必死さはあまり感じられないね



ウサギの足にはあまりシワがない



持っている植物は何?



壺を運ぶカエルとウサギ



カエルは口がかぱっと開いている
(ピントが合ってないですが・・・)



背中のボツボツがリアルだ



ウサギは真剣な顔



足の開き具合がいい



何が入っているのかな?



下2つの大きさは単3電池と比べるとこのくらい

暮れの忙しい時に何枚も画像載せるんじゃないわよっ!(怒)
・・・と、お叱りの声が聞こえてきそうですが。ごもっともです。
でもやっちゃいました!すみませんっ!!
載せずにはいられなかったのよ~。(≧▽≦)

鳥獣人物戯画はなんとなく見た事あるな~という程度だったので調べてみました。

【 京都市右京区の高山寺に伝わる紙本墨画の絵巻物。
日本最古の漫画とも称され「鳥獣戯画」とも呼ばれる。
現在の構成は、甲・乙・丙・丁と呼ばれる全4巻からなり、
特にウサギ・カエル・サルなどが擬人化して描かれた甲巻が非常に有名である。 】

要約するとこういう事だそうです。なるほど、なるほど。
そしてグリーンアーミーも調べてみました。

【 アーミーメン。プラスチック製のおもちゃの兵士。身長5センチ~6センチぐらいで、
一般的には緑色である。映画「トイ・ストーリー」シリーズにも登場している。 】

うんうん。この人形は雑貨屋さんなどで良くみかけますね。
で!そんな2つが合体しちゃったのが今回見つけたガチャだったわけです。
・・・なぜ合わせたのでしょう?(笑)

まずはサル。
私の並べ方が間違っていたのですが、
絵巻では「逃走する猿の犯人」と「追跡する兎」はセットになっているようです。
サルは何をやらかしたのでしょうねえ。
どちらの顔ものほほ~んとしていて、あまり緊張感はありません。
ウサギも本気で怒ってなさそうですよ。
そしてネコ。
隣りでビンザサラという楽器を持って踊るカエルを見物しているのだとか。
ではなぜ振り向いているのか?どうやら背後にネズミがいるから、らしい。
最後は壺を運ぶカエルとウサギ。
賭弓競技後の宴会用の酒肴を運んでいるのだそうです。壺の中はお酒。
頑張って運んでいるけど、果たしてこの2匹は飲めるのでしょうか?

それぞれの表情や仕草が非常に良く出来ていますねえ。
緑一色だけど存在感はバツグン!
全種揃えて自分だけの絵巻が作れちゃうかも。かも?

全7種で他には「投げ飛ばされた兎」 「雄叫びをあげる蛙」 「狐の親子」 があります。
私はエンブレイスジャパンさんという会社は初めて聞いたのですが、
サイトを確認したところ、過去にガチャ機でいくつか目にしていました。
マニアックな商品がこれからも出そうなので要チェックです。


 | 最初にもどる | 

カレンダー

10月 | 2017/11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

こまごま内検索

最近のこまごま

こまごまのふりわけ 

月ごとのこまごま 

お気に入り 

書いてる人

→きゃあ


名前:→きゃあ
生息地:関東のどこか

とにかく細かいモノが大好き。
整理するために(忘れないように)
ブログで残しています。
たまーに何か作ったりもしますよ。
気まぐれに。

お世話になってます

お気軽にどうぞ

* 別窓が表示・動作しない場合はここの文字をクリックして下さい。



このブログをリンクに追加する