オーニシさんの激辛速報

   ミニ大根・ミニコン - 最終回 -


ベランダで育てているミニ大根の「ミニコン」
すっかりその存在を忘れている?いえいえ、ちゃんと収穫しましたよ。
(画像枚数めちゃ多いです <(_ _)> )



種蒔きから約90日



土寄せをしても限界が



あ!なんだこの窪みは?

撮影したのは昨年の暮れ。
え?なぜそれを今になってって?・・・すみません。
年が明けてからなんやかんやで忙しく、結果報告をまるっと忘れておりました。r(^▽^ ;)

前回の日記では大根のポテンシャルを信じて収穫はもう少し先と書いていますが、
そろそろ限界だったようです。
と言うのも1枚目の画像を見て頂けると分かるように、葉がだいぶしなってきてますよね。
お水をあげても復活しない日が続いていたのです。
これはもう世に送り出してあげようではないか。

そんなわけで収穫~。



[ 続き・・・ ]



一番太いもので5.5cm



おおおおおー!!



すごい!いや、すごいと思うよ!!!
(2プランター分です)



長いもので18cm



短いものは8cmでした

一般的なサイズは15~20cmくらいだそうで、長さは十分クリア。
太さが足りませんでしたね。
でも1プランター×4本という狭い中でよく頑張ってくれたと思うよー。
私は嬉しい。(≧▽≦)

実はもう1プランターあるのですが、



葉は立派なんだけど



結果はこんなに小さい

日当たりがその日によって変わってしまう場所での栽培は難しいですね。
同じ土、水やり回数、1プランター×4本という条件は一緒なんだけどな。
大根はやはり太陽が好きなのかも。

では何本か洗ってみましょう。



色白きれいな大根肌



良い大根の証拠?

大小合わせて12本ありました。
そのうち何本かは当日のサラダ用に。

ここで雑学。
毛穴のように見えるぽつぽつと凹んでる穴が縦にまっすぐ並んでいると
甘みがあって良い大根なんだそうです。
逆に言えば斜めに並んでいるのは辛みが強いらしい。
うちの大根はどっちだろうなあ?

まずは1品。
どうしても作ってみたかったこれ。



大根とニンジンを千切りに



あ~っと言う間に「なます(柚子入り)」

ちなみに暮れに大根を収穫したにもかかわらず、
お正月に手づくりなますは出てきませんでした。
(バタバタしていて作れなかった・・・)

さすがに生ばかりだとアレなので何か日持ちさせる方法はないかと調べたところ、
ありました、ありました。
これを忘れていましたよ。



切った大根をハンガーに引っ掛けて外へ



1週間でカラッカラになりました



乾燥剤と共に冷蔵庫へ

はい。切り干し大根を作ってみました。ハンガー3本分。
冬の冷たい風でどんどんとミイラ化・・・いや、乾いて旨みをギュッと閉じ込めています。
これだったら後でいろいろと使えますからね。

冷蔵庫に入れて約半月。
そろそろ何か作ろうかしら?と取り出しまして、



水に漬けた切り干し大根と作ったタレ



袋に入れて合わせて1日冷蔵庫へ



「切り干し大根のハリハリ漬け」完成~♪

こちらも作ってみたかった1品。
定番の煮た切り干し大根も良いのですが、ちょいとひとひねり。
検索して出てきて一瞬で心奪われました。(´▽`*)
パリパリポリポリとした歯ごたえがクセになる~。

最後はなんだかお料理ブログみたいになってしまいましたが、
(でもそこまでしっかりとした内容じゃない)
自分で作った大根をたっぷりと味わいました。
ところで肝心の大根の味なんですが、ちょっぴり辛かったです。(泣)
何か味を加えれば問題ないけど、生では辛かった。
90日はやり過ぎだったのかなあ。
でも歯ごたえやみずみずしさは完璧でした。(←自己満足)

そんなこんなで初挑戦のミニ大根日記は以上となります。
秋~冬ならそんなに手間もかからず簡単にできました。
今年もう1度チャレンジしてみようかな。


 | 最初にもどる | 

カレンダー

08月 | 2017/09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こまごま内検索

最近のこまごま

こまごまのふりわけ 

月ごとのこまごま 

お気に入り 

書いてる人

→きゃあ


名前:→きゃあ
生息地:関東のどこか

とにかく細かいモノが大好き。
整理するために(忘れないように)
ブログで残しています。
たまーに何か作ったりもしますよ。
気まぐれに。

お世話になってます

お気軽にどうぞ

* 別窓が表示・動作しない場合はここの文字をクリックして下さい。



このブログをリンクに追加する