オーニシさんの激辛速報

   京都フィギュアみやげ。


先日買ったこまごま
--------------
(画像枚数ドバドバドバっと多いです <(_ _)> )



京都フィギュアみやげ
by 株式会社ケンエレファント
左:清水寺   中:舞妓  右:伊藤若冲 向日葵雄鶏図



清水寺の全体



正面から見た清水の舞台がすごい




[ 続き・・・ ]



あれ?ここの階段は何だったっけ?



裏はこんな感じ



崖の部分



単3電池と比べると大きさはこのくらい



舞妓さんの正面と後ろ



かわいいなあ~



頭の飾りは塗りがちょっと汚い・・・



手には巾着かごが



足元はぽっくりを履いています



単3電池と比べると大きさはこのくらい



すっと立った向日葵雄鶏図



凛々しいお顔



尻尾もすごいな



絵では反対側からは見られないのでこの角度は立体ならでは



ブックレットに載っている実際の絵と写真



単3電池と比べると大きさはこのくらい



カプセルには帯付き

出先のスーパーで見つけました。
狙っていた物が・・・出なかった。(ToT)/

先日載せた「日本のお土産 伝統文化コレクション」と似たようなガチャですが、
こちらは地域限定のフィギュアとなっています。
さまざまなジャンルのご当地名物をミニチュア化。
私が行ったスーパーではなぜか京都と高知が置いてありました。
そのスーパー、どちらとも特に関係はなさそうなんだけどね。
(ちなみに高知は回していません)
欲しかったのは「茶道具」「京野菜」だったのですが残念ながら出ず。
んー。なかなか厳しい。

3つとも完璧な仕上がりとなっています。
細部まで作り込まれていますよねえ。
清水寺はシークレットがあって雪景色らしく、真っ白らしいですよ。
きっと雰囲気あるんだろうなあ。
舞妓さんも着物の色が4色あるみたい。
こういうところもマニアの心をくすぐるな。
伊藤若冲は江戸時代中期に活躍した画家だそうです。
なぜ鶏の絵?と思ったら、庭に数十羽の鶏を飼っていて、
ただひたすら観察し、その神気を掴む事でその後ありとあらゆる
生き物の神気を描くことを見出したのだそう。
(ブックレットから抜粋)
凡人にはなかなか出来る事ではないです。はい。
フィギュアは立体なのでいろんな角度から見る事が可能。
もしかしたら一部は想像で作られているかもしれないけど、
でも尻尾の躍動感とか素晴らしい出来です。

全6種で他には「茶道具」「京都タワー」「京野菜」があり、
シークレットは上にも書きましたが「清水寺の雪景色」で
舞妓さんの着物色違いはピンク、緑、青、薄紫の4種となっています。
1回400円。高いか安いかはあなた次第。r(^▽^ ;)
販売元はケンエレファントさんで、企画制作は海洋堂さんです。


 | 最初にもどる | 

カレンダー

08月 | 2017/09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こまごま内検索

最近のこまごま

こまごまのふりわけ 

月ごとのこまごま 

お気に入り 

書いてる人

→きゃあ


名前:→きゃあ
生息地:関東のどこか

とにかく細かいモノが大好き。
整理するために(忘れないように)
ブログで残しています。
たまーに何か作ったりもしますよ。
気まぐれに。

お世話になってます

お気軽にどうぞ

* 別窓が表示・動作しない場合はここの文字をクリックして下さい。



このブログをリンクに追加する