オーニシさんの激辛速報

   日立のなつかし昭和家電 「双方向式扇風機とトランジスタラジオ」


今日のこまごま
日立のなつかし昭和家電
by
リーメント



全6種の中の1種
双方向式扇風機とトランジスタラジオ



扇風機の羽は風を当てるとクルクルと回ります



ここがスイッチかな?
(回りません)




[ 続き・・・ ]



ぐるっと角度が変えられる



土台は社名だけでシンプル



トランジスタラジオの全面



厚さはこのくらい



残念ながらアンテナは固定で動きません



スピーカーやツマミなど細かく作られている
(ここも動かせません)



裏面はこんな感じ



ブックレットには昭和家電コレクターさんの豆知識付き



切り取って作る新聞



当時の雰囲気そのままの描き下ろしミニポスターも付いてます

6箱目。扇風機(ポルカB型) トランジスタラジオ(WH-817)

なつかし昭和家電最後の箱です。
なぜか扇風機とトランジスタラジオの2つが入ったお得 (?)箱となっています。
双方向という名の付いた扇風機。
首を横に振るのではなく、縦にぐるっと回転します。
当時は飛ぶように売れていたという扇風機。
しかし一般的な家庭用は1万円前後だったというから決して安くはなかったでしょうね。
(昭和34年の高卒の国家公務員初任給は6700円)
それでも手で仰ぐ手間を考えたらこれは欲しかっただろうなあ。
ポルカ(商品名)が他と違って面白いのは、
スイッチを回すと前面から風が出てくるのはもちろんですが、
反対に回すと羽が逆回転して後ろに風を送る事が出来るところ。
・・・これって良く考えるといらない機能なのでは?(笑)
いやいや当時としては斬新な発想だったのでしょう、きっと。たぶん。
ミニチュアはスイッチこそ回らないけど羽が回るのでいいですね。
ふぅ~っと息を吹き込むとすごい勢いでまわります。(^ ▽ ^)
トランジスタラジオに関してはブックレットにも記載されていないので詳細は不明。
同時期に発売された物なのでしょうかね?
ギミックはないのでちょっと寂しい。

では全ての商品を並べてみましょう。



昭和家電勢ぞろい

企業コラボシリーズということで1箱550円とお高め設定となっていますが、
なつかし系、家電好きとしては満足いく出来なのではないでしょうか。
物によってはギミックがあったり小物があったりと、触っても楽しめると思います。
これを機に最新家電のコラボなんかも是非やって欲しいですね。

以上「日立のなつかし昭和家電」全6種でした。



全てのブックレットにあった写真
(撮影するの忘れてました・・・)



 | 最初にもどる | 

カレンダー

08月 | 2017/09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こまごま内検索

最近のこまごま

こまごまのふりわけ 

月ごとのこまごま 

お気に入り 

書いてる人

→きゃあ


名前:→きゃあ
生息地:関東のどこか

とにかく細かいモノが大好き。
整理するために(忘れないように)
ブログで残しています。
たまーに何か作ったりもしますよ。
気まぐれに。

お世話になってます

お気軽にどうぞ

* 別窓が表示・動作しない場合はここの文字をクリックして下さい。



このブログをリンクに追加する